車の盗難予防なら大成工業株式会社
車の盗難予防なら大成工業株式会社へお問合せください ・・・ 03-3741-1237
HOME
ガラス刻印施工システム
特長
施工方法
事例集
Q&A
主な取扱業者

取り扱い業者専用
システム概要
基本セット内容
プラスティックガンの準備
「文字盤シール」作成作業
印字テクニック
施工ロゴシールの貼付とお手入れ方法

その他
足つぼ・イス用足裏指圧器

お問い合わせ
お問い合わせフォーム
会社概要

車の盗難予防なら大成工業株式会社
ガラス刻印施工システムは,クルマのガラスに車体番号を印字する施工です。
車体番号を金属の文字盤で組み合わせてガラスに貼り,アルミの粉をエアーで吹き付けて,ガラスに印字します。
一度番号を刻み込めば永久に消えないため,車の盗難を予防し,盗難車の発見を容易にします。

【特徴】
・クルマの盗難予防,盗難時の早期発見に効果を発揮。
・あらゆるクルマのウィンドウガラスに施工可能。
・印字が鮮明で美しい。
・文字数は国産車が14桁が標準,外国車の18桁にも対応可能
・作業は1台あたり,30分程度の簡単施工。(準備,片付けも含む)

盗難車急増!!1日に173台が盗まれています。屋外の契約駐車場の被害がトップ!
自動車盗難件数は1999年以降,急激に増えています。この背景には大がかりな窃盗団の関与がうかがえ,検挙そのものも非常に困難を極めています。しかも今までは高級車やRV車が多く狙われてきましたが,ここ2・3年は高級車を中心に盗難防止商品を装着したクルマが増えたことにより,ミニバンやコンパクト車,軽自動車の盗難の割合が増えてきています。これからは,どんな車種でも狙われることを肝に銘じ,積極的に対策を講じていくことが必要です。

なぜ盗難防止に効果があるのか?
自動車窃盗犯の主な目的は,盗難車を転売して現金化することです。そのためガラス刻印施工システムのようにガラス面に車体番号が印字されていると,盗難車ということがわかってしまうため転売するにはガラスを交換する必要があります。しかし,ガラス交換には大きな費用(40万程度)や手間,またリスクも伴うため,窃盗犯はガラス刻印施工車をさけるようになるのです。また万が一,盗難にあった場合,車体番号が偽造されてしまうと元の持ち主が特定できませんが,ガラス刻印施工システムを施しであれば持ち主が特定できるため,発見された際のスムーズな返却につながります。

車体番号がガラスに印字されたのみでは、なかなかそれに気づいてもらえない可能性も考えられます。対策として施工車用のステッカーなども用意されていますので,加工済みであることをアピールできるようになっています。

COPYRIGHT(C)2010 車の盗難予防なら大成工業株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.